汗かき 改善 運動 対策

汗かき改善《運動と対策》

スポンサーリンク

多汗症は精神的問題から発汗するために発汗恐怖症とも呼ばれる病気の1つです。

 

緊張や不安を感じることにより、交感神経が優位に立つことで汗腺の働きが活発化してしまい、大量の汗をかく症状を引き起こします。

 

多汗症であるのか、ただの汗っかきであるのか、自己診断できるチェック法により、適切な対策が可能となります。

 

診断基準としては原因不明となる過剰な汗が半年以上も続いていることを挙げることができますが、自律神経失調症や更年期などの病気が隠れている場合もあり、別の自己診断できる項目をチェックすることで多汗の可能性を確認することができます。

 

例えば、両手のひら・両足の裏・両ワキの下などの汗腺が多い部位に対し、左右対称に多汗の症状がある場合をはじめ、家族に多汗症を患う方がいる、さらには多汗の症状が週に1以上あるなどを挙げることができます。

スポンサーリンク

また、多汗症の原因を突き止めてから対策を行うことも大切です。原因の1つとしてはホルモンバランスの乱れを挙げることができ、ホルモン分泌は脳の視床下部でコントロールされているものの、交感神経も影響を受けています。

 

特に女性の場合、生理・妊娠・更年期により影響を受けやすいため、規則正しい生活習慣やストレスフリーな生活などを意識した対策が必要となります。

 

また肥満の方にも多汗症の症状が現れやすく、バランスの良い食生活を意識することも大切です。

 

その他、タバコやコーヒーなどのニコチンやカフェインも交感神経を刺激する物質が多く含まれているために原因の1つとして挙げることができ、過剰摂取で発汗を促してしまうために控えることが大切です。

 

また味覚性多汗の症状を招きやすいのが辛い物や熱い物などの食事にもあるため、原因を把握した後の対策が肝心で、汗を抑えるシートや制汗スプレーなどの軽めの対策や医師と相談した手術などが提案されています。

スポンサーリンク