多汗症 おしり

多汗症の方はおしりのかぶれに注意

スポンサーリンク

夏の季節はどうしても寝苦しい夜が続く恐れがありますので、多汗症の方などは通常よりも汗を多くかいてしまう恐れがあります。
特におしり周りは蒸れやすいので、汗を大量にかくことで衣服が皮膚とこすれてしまい赤くかぶれてしまう事は珍しくありません。
おしり周りの衣類のこすれをなくすことは難しいためこまめに汗を拭くようにしたり、部屋を出来るだけクーラーで温度調節をするなどすることで汗によるかぶれを伏せ腐ことが出来ます。
かぶれが出来てしまった場合には痒くてもあまり書かないようにすることが悪化を防ぐためにも必要です。
亜鉛化軟膏などは肌のかぶれに効果がありますのでドラッグストアに行けば誰でも簡単に手に入れることが出来ますし、気温が高い日などはお風呂に入って肌を清潔にした後にかぶれやすい部分に軟膏を塗っておくのも効果的です。
スポンサーリンク

多汗症がひどいと感じる方は、皮膚科に相談することで肌トラブルを抑えることが出来るようになります。
特に皮膚科で出されるかぶれに効果的な薬剤はドラッグストアで購入する薬よりも、保険診療がきくため安価で購入することが出来ますし自分の症状に合った医薬品を処方してもらえますのでより短時間でかぶれを抑える効果を実感することが出来ます。
どのような薬を使用していてもお尻汗対策を怠ってしまうと症状が悪化したり、再度炎症が起こってしまう恐れがありますので普段寝る際に着用するパジャマなどは、汗の吸収をしっかり行ってくれる素材の物を選択することが大切ですし、汗を抑えるデオドラントクリームなどを利用する方法もありますが、皮膚科に通っている場合には医師と相談して使用するかどうか判断する必要があります。
このように対策を行いおしりを蒸らさない努力を行う事でかぶれから守ることが出来ます。
スポンサーリンク