汗かき 女性ホルモン

汗かきと女性ホルモンは密接に関わっています

スポンサーリンク

汗かきの症状で悩んでいる女性は意外に多いです。
こういった症状が現われると、汗による臭いも気になり始めます。
女性の場合ワキガや多汗症といった悩みは、エチケットや美容の点でもマイナスになり、特に深刻になる傾向があるのです。
最近では様々なデオドラントグッズが販売されていますが、汗かきのレベルによっては余り効果が見られないこともあります。
女性の汗かきには、実の所女性ホルモンが大きく影響しています。
生理のある女性の場合には、通常卵胞ホルモンと黄体ホルモンという二つの女性ホルモンが交互に作用を強めながら一定のサイクルを繰り返しています。
この二つのホルモンにはそれぞれ異なる作用があり、発汗への影響も変わってくる傾向があります。
通常は卵胞ホルモンが活発な時期には汗が少なくなり、黄体ホルモンが活発な時期になると汗が多くなるのです。
スポンサーリンク

また汗の質は、精神的な要因によっても変化します。
体を動かした時や暑い時に出る汗の場合には水のような粘度の低い状態であることが多く、臭いも然程感じないという特徴があります。
一方、精神的なストレスなどが原因となって出る汗の場合には、粘度が高く、臭いも強い傾向があるのです。
こういった点を押さえておけば、汗への対策もしやすくなります。
汗と女性ホルモンや精神的なストレスは密接に関わっています。
女性ホルモン自体が減ってしまう更年期には、特に汗かき体質に転じやすいことも今や広く知られています。
このように複雑なメカニズムで起こる発汗を整えていくためには、まずは原因となっていることを明確に押さえることが必要です。
汗かきの症状が現われた時期や精神的な背景などを考慮して、広い視点で原因を掴むことが大切になります。
スポンサーリンク