汗かき 改善 運動

汗かきは適度な運動で改善する

スポンサーリンク

夏場の汗は体温調節を行ったり、体内の不要な老廃物を排出したりなど、体の健康を維持するためには必要なものです。
しかし、人によっては大量に一部分に汗をかいてしまって、汗かきだと悩んでいる方もいらっしゃいます。
汗をかきやすくなる原因は色々とありますが、生活習慣の乱れが原因となる場合もあります。
通常の汗というのはほぼ水分でできているサラサラとした汗ですが、体をあまり動かさなかったり冷え性の方などは、ミネラル分などを含むべたべたとした蒸発しにくく、臭いを発する汗をかいてしまいます。
この原因は汗腺の退化によるものです。
現在は電気機器が発達していて、夏の室内はエアコンでどこでも適温に保たれています。
そのため、体温も上がらないので体温調節の必要がなくなり、汗腺が退化してしまいます。
また、デスクワークなどで仕事で体を動かす機会が少なかったり、普段から運動をしない方は同様に汗腺が働きにくくなって休眠してしまいます。
スポンサーリンク

汗腺が衰えてしまうといざ暑い中にさらされて体温調節の必要がでてくると、活発に働いている汗腺でのみ体温調節しようとしますから、顔などの一部分から大量に汗が出ることになります。
つまり、眠っている汗腺を呼び覚まして、全身でしっかりと汗をかけるようにすることで、一部分から大量に汗が出るというのを改善することができます。
眠っている汗腺を鍛えて、発汗機能を取り戻すのに有効なのが適度な運動です。
運動をすると体全体の代謝がアップしますから、発汗作用も高まり鈍っていた汗腺が徐々に働くようになり、満遍なく汗をかくようになります。
普段はあまり運動しないという方は、無理なく取り組めるウォーキングなどの負荷のかからない運動がよいでしょう。
最初は短時間から始めるようにして、徐々に時間を延ばしていって快適でさらさらの汗を全身でかけるようにしましょう。
スポンサーリンク