汗かき ハゲる

「汗かきはハゲる」は都市伝説。ハゲが汗かきと付き合う方法とは

スポンサーリンク

夏の暑さもピークを過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きます。
汗かきの人には耐え難い季節です。
ところで、巷で言われている「汗かきはハゲる」という都市伝説は果たして本当なのでしょうか。
言われてみれば、確かにハゲている人はタオル片手に大粒の汗をかきながら・・・なんて場面を想像してしまいがちです。
では本当か、というと、諸説ありますが、どちらかといえばハゲているからタオルが手放せない、という方が真実ではないでしょうか。
森林伐採が洪水の元凶である、という事と全く同じで、森林=髪の毛がないから、洪水=滝のような汗になる、という事に過ぎないのです。
髪の毛があると汗が流れ落ちにくいので、比較すれば汗を拭く頻度が下がっている、ということです。
ですので、汗かきはハゲる、という通説は現象を誤って表現している、ということになります。
スポンサーリンク

では、ハゲている人はどのように対処すべきでしょうか。
もちろん一番大事なことは「本人が気にしないこと」に尽きます。
ただ、周りの人がその姿を見て不快にならないような配慮は必要です。
そこで実践して欲しいのが以下の2点です。
まずは「通気性の良い帽子をかぶる」ということです。
麦わら帽子などは通気性もよく、また頭皮にとっては日陰をつくる効果もあるため、ある程度発汗を抑えることもできます。
2つ目は「帽子の中にハンカチを入れる」ということです。
これは発生した汗をダイレクトに拭き取る効果があるのと同時に、発汗の蒸れによる帽子の中の悪臭をハンカチで吸い取る効果もあります。
「ファッション的に今日は麦わらは無理だな」という日は、この方法で乗り切りましょう。
発汗は生理現象です。
抑えることには限界がありますから、現象を踏まえた上で対処することで、暑い時期を乗り切りましょう。
スポンサーリンク