汗かき 治す 薬

汗かきを治す方法と治療薬

スポンサーリンク

汗かきを治す最も確実な方法は手術をすることですが、手術をしなくても症状を改善する方法はあります。
例えば、気になる箇所に塩化アルミニウム液を塗ることです。
塩化アルミニウム液を塗ると汗腺を塞いで汗を防ぐことができるので、脇や手の平などの局所的な汗を止めたい時に有効です。
塩化アルミニウム液は市販されているので簡単に入手することができます。
ただし、粘膜付近や傷がある箇所には使用できないので注意が必要です。
気になる箇所を水道水に浸し、そこに弱い電流を流すイオントフォレーシスという療法も効果があります。
この療法は、電気によって生じた水素イオンが汗腺細胞を阻害することで汗を抑えるというものです。
イオントフォレーシスのメリットは、治療費が安い、治療が簡単、特に副作用がない等です。
デメリットは、即効性がない、効果がない人もいる、再発する可能性がある等です。
スポンサーリンク

汗かきの治療には、過剰な交感神経の動きを抑えるために抗コリン薬などの内服薬が処方されることがあります。
しかし、一時的な効果しかありませんし、口の渇き・便秘・胃腸障害・排尿障害などの副作用があるとされているので、使用する際には医師とよく相談することが大切です。
副作用が心配な場合は漢方薬が処方されることもあります。
塩化アルミニウムなどを有効成分とした外用薬が処方されることもあります。
持続期間は短いですが、毎日継続して塗布することで効果が現れるようになります。
ボツリヌス菌がつくるタンパク質を有効成分とした薬剤を注射するボツリヌス療法も汗を抑えるのに有効な方法です。
1回の注射で効果が数か月間持続します。
汗かきの原因が精神的なものである場合は、精神安定剤が処方されることがあります。
ただし、精神安定剤は緊張を緩和することが目的であり、直接汗を止める効果はないので注意が必要です。
スポンサーリンク