1歳児 汗かき

汗かきな0歳児、1歳児くらいの乳児について

スポンサーリンク

赤ちゃんはとても汗かきです。
それは汗腺の機能がまだ未熟なためなのです。
この汗腺は3歳くらいになってその機能が落ち着くと言われます。
そのため0歳児、1歳児は汗かきで当たり前といってもいいのです。
汗をかくからと言って、冷房をあてたり、洋服を着替えないといったことをするのは間違っています。
たくさん汗をかくことにより汗腺が詰まることなく正常に機能するのです。
詰まってしまうことにより、あせもができてしまったり、肌が荒れてしまうのです。
また汗腺が少なくなるといった危険性がでてきてしまいます。
少なくなってしまうと汗が出にくくなってしまい、熱を体外へ出せなくなってしまいます。
そうするとすぐに熱中症になってしまったり、イライラしやすくなってしまうのです。
このような体にならないために0歳児、1歳児のうちから汗腺を大切にしましょう。
スポンサーリンク

最近の0歳児、1歳児のみならず、乳児幼児は汗をかかなくなってきたというデータがあります。
これは運動をあまりせず、家にいてじっとした遊ぶをしているといことが原因の一つと考えられています。
そのため子育て事業として、体を使った遊びをおもいきりしようという試みがなされています。
保育園や幼稚園を解放して、そこの遊具で遊べたり、子育てサークルで親子で体を使ったふれあい遊びやた体操をレクチャーするといったことを行っているのです。
このようにしていくことで子どもの健康を守っていっているのです。
汗かきの子や汗をかくことが深いで泣いてしまう子には発汗習慣をつけることで汗をかくのは当たり前ということを覚えさせましょう。
そして汗をかいたらすぐにシャワーをしましょう。
このときシャワー温度は38℃くらいがよいでしょう。
工夫をして以前のような子どもに育てていくことが大人の役目なのです。
スポンサーリンク