多汗症 塩化アルミニウム 副作用

多汗症治療で塩化アルミニウムを使用する場合の副作用について

スポンサーリンク

多汗症とは通常の人よりも汗が大量に出てしまう病気のことであり、治療法として塩化アルミニウムを使用することがあります。
この薬や成分を肌に塗ることによって、汗を抑える効果や殺菌作用があるとしてとても人気があります。
しかしその一方で副作用を発症させることもあり、かゆみやかぶれや湿疹が発生してしまうことがあります。
確かに塩化アルミニウムには多汗症に対し治療効果がありますが、基本的に人肌に対して刺激が強い成分となります。
それによって人によっては肌に使用することで、かゆみやかぶれなどを発症させてしまうことがあります。
原因として薬の濃度が高い場合の他に、その患者の肌質に適していないという結果になることもあります。
対処方法として薬の濃度を薄めていくか、肌質に合わないのであれば別の治療法を行って症状を緩和させる必要があります。
スポンサーリンク

 汗が大量に出てしまう病気として多汗症があり、治療には皮膚科などの専門クリニックを利用することがあります。
その治療の際に塩化アルミニウムが処方されることがありますが、使い方を間違えると副作用が発生することがあります。
汗疱と呼ばれる肌に小さい水疱が出来てしまうことがあり、原因として汗が詰まってしまうことで発症することがあります。
出来てしまう原因として肌質に合っていない点もありますが、普通に使用していても発症してしまうこともあります。
また無闇に刺激をすると水疱が破けてしまうことがあり、そこからさらにバイ菌が感染してしまうので注意が必要です。
この水疱は1週間から10日ほどすれば自然に完治するため、万が一出来てしまった場合でも放置しておいて問題はないです。
塩化アルミニウムを使用するとこのような副作用が発生しますが、汗疱については特に対処せずに放置しておくのが一番の対応となります。
スポンサーリンク