多汗症 保険治療 費用

多汗症保険治療費用について

スポンサーリンク

多汗症とは、日常生活の支障となるほどの汗をかいてしまう病気です。
人間の体は、暑さや運動によって体の温度が上がり過ぎないように、必要に応じた量の汗をかく機能を持っています。
ですが、その機能が働き過ぎることにより、多汗症と言う病気になってしまう方がいます。
多汗症は、病気の一つなので、保険治療を受けることができます。
そのため、治療にかかる費用は大体の人が、医療費三割負担で済むのです。
多汗症の中で最も多いのがワキです。
ワキの下は、もともと汗腺が多いうえに、緊張やストレスなど精神的な刺激や気候や運動による温熱刺激による療法で発汗が促進されるため、多汗が起こりやすいばしょです。
そのため、わきの下に汗をかきやすくみんなに注目されてしまいそうだから、人前に出たくない、周囲の目が気になって勉強や仕事に集中できないなど人目が気になってしまう方もいます。
スポンサーリンク

お医者さんに相談することができます。
個人にあった治療法で、治療を進めていきます。
治療方法として、塩化アルミニウムなどを有効成分とした塗薬を、わきの下に塗ります。
毎日塗布を続けることにより、徐々に効果が表れてきます。
そのほかに、注射薬です。
ボツリヌス療法と言って、ボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質を有効成分とする薬を、わきの下に注射をします。
一回注射すると、個人差がありますが、半年ほど効果が持続します。
そのため、年に1〜2回のの注射で済むことができます。
保険治療適応で、三万円くらいで治療をすることができます。
上記の方法でも、改善がなかなかできないという方には、手術と言う方法もあります。
わきの下を、3〜4センチ切開し、アポクリン線を取ります。
そうすることにより、汗の量が半分程度になるといわれています。
保険治療適応で、約5万円位ですることができます。
スポンサーリンク