汗かき 代謝 関係

汗かきと代謝の関係について

スポンサーリンク

汗かき体質には、一般的に代謝が関係しているとされています。
発汗に関係しているのは、主に新陳代謝です。
この代謝が活発になると体の組織の生まれ変わりが促進され、汗をかきやすくなります。
一方、呼吸や血液の循環といった人間の体の機能を支えているのが基礎代謝です。
この代謝は食べ物をエネルギーに変えたり、脂肪を燃焼させる効果を持ちますが、発汗には余り影響を与えないのが特徴と言えます。
汗かき体質と体の循環との関係は、このようにやや複雑な面があります。
ですので、汗をたくさんかくからといって、ダイエット効果が上がっていると簡単に結論づけてしまうのは、時に早急であることが多いのです。
体内がエネルギー効率や脂肪燃焼に優れた状態にないと、実際のダイエット効果は得られないということになります。
従って効果的なダイエットを行なうためには、自分の体の状態を正確に把握する必要があるのです。
スポンサーリンク

汗かき体質を改善するために出来ることは、日常生活の中でもいくつかあります。
例えば、自律神経のバランスを整えることです。
自律神経のバランスが崩れると、一時的に発汗が強くなることがあります。
自律神経の中でも交感神経と呼ばれるものは、体の機能を活発化させる傾向があり、この交感神経が優位になると汗かき体質になることがあるのです。
交感神経の働き過ぎを抑えるためには、副交感神経を少し強く働かせる工夫が必要になります。
副交感神経はリラックスした心持ちの時に多く分泌されるため、日常生活の中でも努めて穏やかな状態で過ごすことが、汗かき体質を改善するために役立つのです。
こういった自律神経は、1日の中でも一定のサイクルで働いています。
昼と夜では優位になる神経が変わるのが自然なバランスなのです。
ですので、昼夜逆転の生活スタイルなどは、自律神経のバランスを大幅に崩す可能性があります。
スポンサーリンク