多汗症 漢方 ツムラ

多汗症にはツムラの漢方を使用する

スポンサーリンク

体温調節に必要な発汗は体を、健康的に保つために重要な働きです。
その発汗作用が体温調節に必要な範囲を超えて、異常に増加する症状が多汗症です。
手や足やわきの下や顔などに発汗過剰が多く見られ、症状が悪化すると仕事や家事などの日常生活に支障をきたす程の、症状が見られる場合があります。
このような症状に苦しんでいる人は多くいて、日本国民の7人に1人が多汗症であると推測されています。
しかし多汗症の症状が出ていても専門的な、医療機関での受診を実際にする人は約6%に過ぎず、体質によるものだから治療を必要としないと考える人が多いのが現状です。
しかし適切な治療を行えば発汗をコントロール出来るので、症状に悩んでいる人は治療を始めることがとても重要です。
そこで多汗症の改善の為にも多くの人が、利用しているツムラの漢方について説明します。
スポンサーリンク

漢方薬の歴史は古く体質改善に効果があると多くの人が、治療に取り入れている民間療法です。
原因を特定して治療していくという西洋薬とは違い、体の元々の健康状態に戻すと言った考え方が漢方にはあります。
しっかりと薬剤師などの処方などで治療を始めると、高い効果が期待出来ます。
そこで多汗症に悩む人が多く使用している、ツムラの漢方薬防已黄耆湯について説明します。
防已黄耆湯は疲れやすい人や汗のかきやすい傾向のある人に、効果のある漢方薬です。
他にも緊張による発汗異常には柴胡加竜骨牡蛎湯が使われたり、柴胡桂枝乾姜湯などを用いてホルモンの調子を整えたりします。
この他にも体に負担をあまりかけずに症状を改善する物は、いくつかありますがここで大切なのが専門の薬剤師などに処方をしてもらうことです。
自己判断ではなく症状に合わせた、適切な治療が重要です。
スポンサーリンク